治療方法はたくさんある!?ワキガを治す方法について

定番の切除手術で治す

ワキガの手術として定番なのが汗腺そのものを切除する手術です。切除手術には吸引法と皮弁法があり、いずれの手術方法の場合にも医師が手作業にて切除を行う方法です。この方法では臭いのもととなっているアポクリン腺を確実に除去できるためワキガにはかなりの効果があります。臭いの原因を根本的にシャットアウトできる方法ではありますが、傷跡が少し目立つということもあります。しかしながら小さい傷跡ですので気にすること無く生活ができます。

レーザー治療で治す方法

日帰りでできる簡単な手術方法としてレーザー治療で治す方法があります。レーザーで治すワキガ手術の場合にはレーザーで汗腺を焼ききるだけですから、傷跡などが付くことはありません。手術後にはすぐに家に帰ることもできるので仕事やプライベートなどに差し支えることが全くありません。忙しい方に適している手術方法です。レーザー治療で治す場合にも医師が責任を持って治療にあたってくれるので万が一の場合でも安心できます。

マイクロ波でなおす方法

脇の汗腺にマイクロ波を当てて臭いの原因となっている汗腺をダイレクトで焼ききる方法があります。アポクリン腺のみに作用する周波数のマイクロ波を当てることで臭いのもとになっているアポクリン腺の活動を停止するという方法です。レーザーに似ている方法ではありますが、こちらの治療方法のほうが比較的新しく、歴史の浅い治療方法です。マイクロ波で治す方法の場合も手術後に特に日常生活に制約が設けられることがないので安心です。

わきがと言えばわきの下の汗や菌が繁殖して臭うものと誰でもご存知かと思いますが、なんとこの臭いが好きな方もいるとのこと。人それぞれですが、意外とこの臭いが好きな方は多いそうです。

二重整形を探す